履修科目一覧Fashion Technology Course Curriculums

下記は2019年度生向けカリキュラムです。

ファッション経営管理コース履修モデル (pdf)

ファッション企画力 ファッションと製品の基本を理解する

素材論

アパレル・ファッション製品における素材・テキスタイルの基本的性能を理解する。繊維の種類、構造をはじめ、着心地、色柄・風合いの感性など、ファッションビジネスに関わる上で不可欠なテキスタイルの科学的知識への理解を深める。

ファッション商品論I

アパレル商品の品質や価値を見極めるのに必要となる基本的知識を服種別に学ぶ。アイテムの種類や名称、ディテ-ルについての知識を深める。

アパレル生産論

アパレルメーカーなどが生産をする際の、製品プランを構成する考え方、意思決定をするためのプロセスを学ぶ。状況に応じた判断基準の絞り込み方を見つけ出しPDCAのシミュレーションを繰り返しながら、プロダクトマネジメント全体を理解する。

アパレル製品図演習

アパレル業界の各職種に求められる、製品図の作成技術を学ぶ。同時に、アパレルの基本アイテムとなるシャツ・パンツの構造、サイズなどについても知識を深める。

アパレル造形論

アパレル企業における衣服製造領域と、デザイン、素材、設計条件、縫製技術を理解することにより、コスト意識を養い、品質、価格、商品構成へのプロダクトアウトにつなげる。

クリエイティブシンキング

インサイトの重要性の理解、問題解決を目的とする「ロジカンルシンキング」と「アナロジカルシンキング」、「デザイン思考」、新しい意味付けを考える「意味のイノベーション」など、様々な思考法の理解と活用を通じてクリエイティブな発想を育み、ファッションビジネスにおける新しい価値創造を目指す。

グローバルプロダクト戦略

アパレル消費と生産がグローバル化した状況の中でアパレル生産の現状と課題、各国の産業振興策や貿易実務の概要を学ぶ。また、ビジネスを行う上で必要となる生産に関する基礎的知識を得る。

色彩論

講義以外に演習を交えながらなるべく多くの色に触れ、基礎的な色彩理論を理解しながら、色彩を取り扱う感覚や姿勢を養い、将来、実務で色彩を効果的に活用するための基礎的なスキルの育成を目的とする。

デザインマネジメント演習

デザイン価値を収益に結びつけるマネジメントについて、講義を数回行った後に演習を行う。ファッション企業のブランド、商品カテゴリー、店舗などの商品デザイン、マーチャンダイジング、コミュニケーション計画などについて受託調査を行い、受託先企業にプレゼンテーションする。

ビジュアルマーチャンダイジング演習

ショップ運営におけるビジュアルマ-チャンダイジングの目的と必要性を理解し、具体的な方法を学ぶ。その実践として出店計画をシミュレ-ションし、演習で作品を創作する。

ファッション商品論Ⅱ

ファッションコ-ディネ-トに必要とされるアクセサリ-の知識およびメンズアパレルに重点を置く。また、商品知識として不可欠な品質表示、サイズ表示についても学ぶ。

ファッション文化論

モードとファッション現象の仕組みを理解し、かつ自分のクリエイションの商品価値をプロデュースするための戦略や発想力の開発のための基盤となる関連分野に対して旺盛な好奇心を涵養する。

マテリアルプランニング演習

ブランドのオリジナリティーを表現するためには、テキスタイルのあり方が重要であることを理解する。加えて市場におけるトレンドの整理分析手法などを学び、現市場におけるテキスタイル生産、流通状況の知識を深める。

ファッション経営管理能力 ファッションブランド・企業の経営管理力を養成する

アカウンティング

基礎的な会計知識を身につけ、戦略と会計のリンクについて理解を深める。実在するファッション企業の財務分析を通じた経営分析を行えるようになった上で、信用リスクを中心にリスクマネジメントについても理解を深める。

アパレルマーチャンダイジング論

ファッションアパレルメーカーのマーチャンダイジングについての理論・知識と、マーチャンダイジング業務の管理、マーチャンダイジングの企画方法に関する知識を修得する。

計数管理

小売を中心としたファッションビジネスにおいて必要とされる、計数管理の考え方、実践的な手法を学ぶ。小売業の店長および仕入担当者として必要とされる基本的な計数管理ノウハウを身につける。

ショッププランニング演習

創造性とビジネス性が高いレベルで融合したユニークなビジネスモデルの企画提案からプレゼンテーションまでを行う。

ファッションマーケティング論

マーケティングの幅広い活動領域における理論の理解を深めつつ、ファッション業界のリアルタイムの情報やトピックを取り上げる。また、適切な意思決定を行うためのマーケティング能力を身につけることを目的とする。

ブランドマネジメント論

ファッションアパレルメーカーのブランドマネジメントについての理論・知識と、その基本となる流通戦略、商取引、コミュニケーションなどに関する理論と知識を修得する。

ブランドマネジメント演習

ファッションアパレルメーカーでの新規ブランドの開発計画について、その理論と実務を演習形式で修得する。新規開発ブランドのマーケティング、マーチャンダイジングなどの事業計画策定を行う。

リテールマネジメント論

ファッションショップのマネジメントに関する理論・知識、およびCS(顧客満足)獲得のための店頭を起点とした各種戦略について学ぶ。

ファッション起業・ビジネスモデル事例研究

ファッション、ライフスタイル業界、関連するIT企業やゲスト講師などの起業事例をもとにビジネスモデルを分析、考察する。また、新規ビジネスプランの計画立案を行う。

ファッションビジネス起業論

ファッション企業を起こすために必要とされる、ファッションビジネス特有のメソッド、起業の知識、起業の実務についての講義を受ける。特にファッションリテーラーとファッションメーカーについて、重点的に起業の方法について講義を受ける。

Global Negotiation

ノンネイティブ院生を対象に、グローバルビジネスシーンにおけるプレゼンテーション、セールス、リレーションシップ構築などを主眼とした、伝える力とコミュニケーションノウハウを、プレゼン参加型形式で身につける。(Class: in English)

グローバルビジネス論

世界のファッションビジネスの知識を身につけつつ、グローバルビジネスのマネジメントについて理解する。貿易実務の専門家などを招いた講義も行う。ファッション企業におけるグローバル市場でのビジネス戦略を組み立てる能力を身につける。

経営情報システム演習

ITの発展により、ファッションビジネスにおいても情報システムの活用が必須となっている。顧客満足度向上の経営実現と経営革新のため、またファッションビジネス創業のための経営情報システム活用について、実際の事例から学ぶ。

経営戦略論

経営戦略の成功をもたらす要因についての論理を学習し、新時代に対応した企業経営について理解する。さらに具体的事例を学び、アパレル・ファッション企業の経営戦略について院生自ら事例研究を行う。

知財マネジメント論

知的財産、特にブランド(商標)とデザイン(意匠)の保護の仕組みを中心に理解し、事例を通じて、攻めと守りの観点から知的財産の管理のノウハウを修得する。

ビジネス法務

ファッションビジネス業界で必要不可欠な実務法務の仕組みを理解し、近年増加傾向にある消費者や取引先とのトラブルを防止するための知識を修得する。

ファイナンス

企業経営に必要な企業価値の算出方法、財務政策、資金調達の基本について学ぶ。M&A事例も学び、実務レベルの能力を修得する。

ファッションテック

企業や個人によるデジタル機器・デジタルコンテンツ等の活用が不可欠な現在、ファッションビジネスを円滑に行うために必要なファッションテックに関する知識を修得する。

ファッションと消費者意識

ファッションビジネスに関わる企業活動の背後にある経済的なロジックに対する理解を深めると共に、ファッションビジネスの市場構造、ビジネスモデル、ビジネス戦略などをロジカルに分析する能力を身につけることを目的とする。

マーケティング戦略論

「ファッションマーケティング論」をさらに実践的かつ戦略的に組み立てる。多くのケーススタディーを取り上げ、アパレルから小売業、SPAにいたるまでの経営戦略、それに基づいたマーケティング戦略、新しいビジネスモデルを修得する。

マーケティングリサーチ

有効なマーケティングの意思決定を行えるよう、情報収集、分析手法の知識を深める。また、ファッション業界におけるリサーチの傾向について学び、調査演習も行う。

ロジスティクス論

物流、ロジスティクスに関する知識を整理した上で、ファッションビジネスのロジスティクス戦略と物流実務におけるビジネス知識を学ぶ。アパレルの物流システムに欠かせないハンガ-物流などについても研究し、知識の深化を図る。

実践的研究 自らのテーマに基づいて研究・企画する

基礎研究プロジェクトI-A

1年次において、自分の専門研究分野を見つけ出すための前期プロジェクト科目。グループでファッションマネジメント分野に関する研究テーマを設定、調査研究を行い、その成果を発表する。

基礎研究プロジェクトII-A

1年次において、自らの専門研究分野を見つけ出すために個人で研究する後期のプロジェクト科目。ファッションマネジメント分野に関する研究テーマを設定、調査研究を行い、その内容を報告書として提出、プレゼンテーションを行う。

基礎研究プロジェクトI-B

起業プログラムを履修する院生のための1年次前期のプロジェクト科目。ファッションマネジメント分野に関する研究テーマを設定し、後期プロジェクト科目で企画提案する内容を想定した基礎的な調査を行う。

基礎研究プロジェクトII-B

起業プログラムを履修する院生のための1年次後期のプロジェクト科目。ファッションマネジメント分野に関する研究テーマを設定し、前期プロジェクト科目で調査した内容をふまえ、研究・企画を行う。

修了研究プロジェクト

ファッションマネジメント修士(専門職)の学位を取得するための中核的科目。各自がファッションマネジメント分野に関する研究テーマを設定し、調査・研究を行い、修了研究報告書として提出。さらに修了研究発表会で発表する。

ファッションビジネスメソッド(演習)

各コースの院生合同によるグループで、アパレルブランド事業を計画する。具体的には、ターゲット・ブランドコンセプト設定、初回シーズンコンセプト設定、デザイン、MD、パターンメーキング、サンプルメーキング、生産計画、流通計画、販促計画、事業計画などを作成する。

フィールドプロジェクト

次の4つの学外活動のうちのいずれか(または複数)を通して研究・実践するプロジェクト科目。①インタ-ンシップ ②企業・団体などからの受託研究 ③ファッション・ベンチャ-企業の設立 ④ビジネスプランコンテストでの入賞。