履修科目一覧Fashion Technology Course Curriculums

下記は2019年度生向けカリキュラムです。

ファッションテクノロジーコース履修モデル (pdf)

作る力 服作りのベースを構築する

生産システムI

各アイテムに対するデザインの特長・素材・縫製仕様とパタ-ンの関係を理解し、量産体制で縫製するために必要なシステムや縫製テクニックを修得する。また、アイテムごとの縫製実習を行う。

ファッションテクノロジー理論I

パターンメーキングの理論および平面裁断・立体裁断によるパターンメーキングを理解し、応用発展できる能力を養う。工業用ボディや工業用パターンメーキングの展開、縫製仕様書、工程分析表など各書類の作成への理解も図る。

ファッションテクノロジー理論II

「ファッションテクノロジー理論I」、「ファッションテクノロジー演習I」で理解した理論をもとに、より実務に特化した内容を学ぶ。デザイン画や製品図よりデザインを読み解くための平面製図やドレーピングの理論・方法を理解する。

ファッションテクノロジー演習I

「ファッションテクノロジー理論I」を理解した上で、応用発展させる技能を養うための実習を行う。パタンナーの実務の流れに沿ってファーストパターンから工業パターン作成までを行い、パターンの修正を通してデザインに合致した縫製仕様書・縫製方法を理解する。

ファッションテクノロジー演習II

「ファッションテクノロジー理論II」で理解した平面製図またはドレーピング理論より、実際に形にする技術を学ぶ。トワル組み立て、縫製、工業用パターンや縫製仕様書の作成を繰り返し行うことで実務の修得を目指す。

アパレルCADパターンメーキングI

アパレルCADを利用したパタ-ンメ-キング、縫い代付け、マ-キング、グレ-ディング、CAM裁断用データ作成の演習を通じてその考え方や手法・展開方法を学び、工業設計の流れとシステムの運用を理解する。

プロダクションマネジメント

アパレル企業の生産管理業務の実態に迫り、生産プロセスの概要と財務関連知識、輸出入、生産工場における生産計画と生産システムの設計、それに伴う特殊機を含めた生産設備の取り扱い・特長を理解する。

アパレル人間工学I

衣服設計に必要な人体形状に関する条件や要因、およびそれらの関係性を体系的に捉える力と、静立時、動作時の人体とパターンの関係を学び、多様なデザインに対応できるパターン設計能力を身につける。

アパレル人間工学II

人体形状と衣服パターンの関係について、人体計測値と図学的計測値の両面から理解を深め、実際の衣服設計に関する理論として応用できる能力を身につける。

クリエイティブテキスタイル

原材料・織組織・新技術などを駆使した素材開発についての知識を学ぶと同時に、ビジネス展開を持続可能にさせる生産効率向上手法や商品上代設定とテキスタイル価格との関係性を現場からの視点で考察する。また、生産現場の見学により見聞を広める。

グローバルプロダクト戦略

アパレル消費と生産がグローバル化した状況の中でアパレル生産の現状と課題、各国の産業振興策や貿易実務の概要を学ぶ。また、ビジネスを行う上で必要となる生産に関する基礎的知識を得る。

応用する力 新しい知識、テクノロジーで発展的服作りを目指す

アパレルCADパターンメーキングII

通常会社で行われている有り型利用によるオリジナルデザインのパターンメーキングから3DCADでデジタルトワールチェックを実施し、工業パターン作成を行う。パタンナーの業務の多くをCAD内で行うことにより、業務の効率化、デジタル化を模索する。

クリエイティブシンキング

インサイトの重要性の理解、問題解決を目的とする「ロジカンルシンキング」と「アナロジカルシンキング」、「デザイン思考」、新しい意味付けを考える「意味のイノベーション」など、様々な思考法の理解と活用を通じてクリエイティブな発想を育み、ファッションビジネスにおける新しい価値創造を目指す。

コンピュータニット

コンピュ-タ横編機を使用した演習により、工業横編ニットの特長を理解し、ファッションビジネスにおけるニット製品の位置づけを学ぶ。

生産システムII

毛芯仕立てのジャケットのパターンメーキングから縫製を行う。毛芯等副資材のパターンメーキング・扱い・縫製条件・可縫性など、より高度な知識と量産に対応したテクニックを修得する。

ニットCADI

ニットCAD演習を通して実際の仕事の流れに即した工業横編ニットの基礎と、ニット製品の生産方法の一連の流れを理解することにより、ファッションビジネスにおけるニット製品の展開方法を学ぶ。

ニューテクノロジー演習

アウトドア、スポーツウェアのデザイン、機能、パターン、縫製仕様を理解する。教育現場としては初の試みである超音波ミシンなどの設備を積極的に使用した作品製作を通して、新しい付加価値を持ったデザインの可能性を探る。

表現する力 得た技術をアウトプットする

基礎研究・創作

前期より1、2年次共同グループワークにて各自研究テーマと方法を構築。研究活動を通して一貫したテーマに取り組み、作品製作、ポートフォリオ作成、展示発表を行う。作品の見せ方、研究内容の展示方法、その他自己アピールのための印刷物までを学ぶ。

修了研究・創作

学内外からの支援、メーカー、企業からの協力、コラボレートなど、研究活動を通して社会との接点を探求する。「基礎研究・創作」をもとにさらに視野を広げた研究に取り組み、作品製作・ポートフォリオ作成、展示発表を行う。

ファッションビジネスメソッド(演習)

各コースの院生合同によるグループで、アパレルブランド事業を計画する。具体的には、ターゲット・ブランドコンセプト設定、初回シーズンコンセプト設定、デザイン、MD、パターンメーキング、サンプルメーキング、生産計画、流通計画、促進計画、事業計画などを作成する。

インターンシップ(テクノロジー)

卒業後のキャリアを視野に入れ各自の専門性追求と業界・業態・職業自体への理解を深めることを目的とする。期間(基本的には4週間)・時期は研修目的と受け入れ先状況により決定する。

グラフィックワーク

グラフィックソフトを用いて服飾表現としてのグラフィックの有効性を理解し、各自がデザインの可能性を探りデザイン能力、見せ方、プレゼンテーションなどの能力の向上を目指す。

グローバルビジネス論

世界のファッションビジネスの知識を身につけつつ、グロ-バルビジネスのマネジメントについて理解する。貿易実務の専門家などを招いた講義も行う。ファッション企業におけるグローバル市場でのビジネス戦略を組み立てる能力を身につける。

計数管理

小売を中心としたファッションビジネスにおいて必要とされる、計数管理の考え方、実践的な手法を学ぶ。小売業の店長および仕入担当者として必要とされる基本的な計数管理ノウハウを身につける。

知財マネジメント論

知的財産、特にブランド(商標)とデザイン(意匠)の保護の仕組みを中心に理解し、事例を通じて、攻めと守りの観点から知的財産の管理のノウハウを修得する。

デザイナーブランドの商品企画

デザインの「モノ」、顧客の「ヒト」、体験価値の「コト」の三要素の関係性から、商品を企画する方法を理解し、自ら考えるオリジナルブランドに相応しい商品企画をポートフォリオとしてまとめる。

デザイン画

独自の発想(イメ-ジ)をより具体的に表現する実力を身につける。また、画材の特長、手法の可能性を知ることで、デザインにあわせた表現テクニックを強化し、プレゼンテ-ションの方法も意識した作品の制作を目指す。

デジタルデザイン画

各自のデザインを資産化するためにグラフィックソフトによるイラスト制作を行うことと各自の手描きによるデザイン画の向上を目指す。商業デザインとして、簡潔明瞭で美意識に基づいた作品を制作する見せ方を学びその表現手法を探る。

ビジネス法務

ファッションビジネス業界で必要不可欠な実務法務の仕組みを理解し、近年増加傾向にある消費者や取引先とのトラブルを防止するための知識を修得する。

ブランド起業の実務

ファッションクリエイターが自身のブランドを立ち上げるために必要な実務的ノウハウ及び、現在の変質したファッションビジネスにおける開業後のブランディングについて学ぶ。

ファッション英会話

クリエイターに必要とされる総合的な英語力の向上を目指す。ファッション業界の国際的な動向をふまえてリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングについての実践力を養う。