カリキュラム・ポリシー

ファッションビジネス研究科

1.
2年間を通じて、段階的に学習できる科目構成
2.
必修科目と両専攻・コースが履修できる選択科目で構成
3.
理論と実践を融合させるために、講義科目、演習科目、プロジェクト科目で構成
4.
修了作品または修了プロジェクト報告書を修了要件とする。
5.
他の専攻の科目と連携を保つ
ファッションクリエイション専攻

ファッションビジネスにおけるクリエイションを研究し、次世代ファッションビジネスを創造する、デザイナーやテクノロジストを育成する。そのため、当専攻は次の点に主眼をおく。

1.
ワールドファッションリーダーとしてのファッションデザイナーを育成する。
2.
優れた美的感性やオリジナリティをもとに、世界の多くの人々に共感を与えるデザインを提案するクリエイティブディレクターを育成する。
3.
デザイナーのイメージを具現化する為に、新素材や生産技術、システム上の革新などを柔軟に採り入れ、より高度な技術をもって商品化できるファッションテクノロジストを育成する。
4.
商品化のためのプロダクトパターンに重要な要素となる、素材特性、縫製仕様、縫製技術、CAD、パターンメーキング、生産管理、工場生産の実務などを研究する。
5.
海外生産や貿易の知識、海外事情や情勢を把握して、国際的な舞台で活躍でき、日本の技術力をグローバルスタンダードにする人材を育成する。
ファッションマネジメント専攻

ファッションビジネスにおけるマネジメントを研究し、次世代ファッションビジネスを創造してマネジメントできる人材を育成する。具体的には、グローバル視点に立つブランドを創造し、デザイン価値をビジネスとして結実させる知財創造ビジネスのビジネスモデルを確立し、マネジメントできる人材を育成する。そのため、当専攻は、次の点に主眼をおく。

1.
ファッションビジネスのマネジメントを研究する。
2.
次世代ファッションビジネスの方向や戦略を研究する。
3.
ファッションビジネスにおける企画、素材選定・生産、流通・コミュニケーション、販売の各業務を管理し、企業・ブランド・業態・工場などの経営戦略を立案し、組織運営、人材管理、財務管理などのマネジメントができる人材を育成する。
4.
デザインを理解して市場を創造できる、革新的な事業開発と経営管理を行う人材を育成する。