TOPICS
ロシア・サンクトペテルブルクの
ファッションコンテストにファッションデザインコース生3名が入賞!

20131111()1115()、ロシア・サンクトペテルブルクにおいて開催された国際的コンテスト「International Contest for Young DesignersAdmiralty Needle’」に本学が日本代表として招待され、ファッションデザインコース12年次生7名が参加しました。

また、櫛下町教授は審査員として招聘され、コンテスト審査および講演を行いました。

 

今回で4回目の参加となる本コンテストは、ロシア・サンクトペテルブルク市 国立技術デザイン大学が主催するもので、各国から参加した120名、計600点を超える作品がエントリーし、ロシア、ヨーロッパのファッションデザイナー、会社経営者、ファッション学校の教授らが審査員となり、全作品の審査を行いました。

本学からは、修了生を含む5名が各5体、合計25体の作品を出品しました。

本コンテストは、「キッズウェア」「シューズ&アクセサリー」「プレタポルテ・スポーツ」「プレタポルテ・ディフュージョン」「プレタポルテ・デラックス」「アヴァンギャルド」の6つのカテゴリーに分類されており、「プレタポルテ・ディフュージョン」部門に出品したファッションデザインコース2年次生 リズキエワ・シャフノーザさんが全参加作品の総合評価で3位、同部門にて同コース1年次生 ヴェセロヴァ・ビクトリアさんが部門5位、「アヴァンギャルド」部門に出品した同コース1年次生 山本 幸さんが部門5位となり、最終日の表彰式でそれぞれ表彰状および副賞が授与されました。

 ノーザ作品

総合3位を受賞したファッションデザインコース2

リズキエワ・シャフノーザさんの作品

 

 Exif_JPEG_PICTURE

表彰式で盾と副賞を授与されるリズキエワ・シャフノーザさん

 

 Exif_JPEG_PICTURE

「プレタポルテ・ディフュージョン」部門5位入賞のヴェセロヴァ・ビクトリアさんの作品

 

 

  Exif_JPEG_PICTURE

「アヴァンギャルド」部門5位入賞の山本 幸さんの作品

 

 

このような国際的なコンテストに参加することで、作品製作において様々な刺激を受けたと同時に、各国の参加者および審査員の方々との交流も深めることができ、貴重な経験となりました。

 

また、1115()には、各国審査員による特別講義が行われ、櫛下町教授は「日本文化の伝統とファッションデザイン」と題し、日本と西洋の文化やファッションを比較しつつ、実物作品を交え講義を行いました。講義終了後は、受講生が櫛下町教授の周りを取り囲み、改めて日本への関心の高さを実感しました。

 

 Exif_JPEG_PICTURE

櫛下町教授の講義「日本文化の伝統とファッションデザイン」

 

 Exif_JPEG_PICTURE

講義終了後質問に集まる受講者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

category:
    ファッションクリエイション専攻ファッションデザインコース
tag:
コンテスト