修了生インタビュー:ファッション経営管理コース
 
田部井 美保(タイユアタイアジア株式会社 ショップマネージャー)

Q.仕事の内容は?

イタリア・フィレンツェ発祥の紳士用品店のショップマネージャーとして、店舗運営に係るすべての業務(計数管理・人員管理・買い付け・顧客管理・WEB管理等)を担当。

Q.BFGUで学んだことで現在の仕事に生かされていることは?

少人数の組織のため買付から店頭での接客販売までのすべての業務に携わっており、企業としての成長に伴って、業務の改善や新しい課題に直面する場面が多くあります。その際、頭の片隅にある“BFGUで学んだことの索引”から辿ったり調べたり人脈を活用したりして実務に落とし込んでいます。ぼんやりとでも覚えていたら解決の糸口になりますので、BFGUの2年間で得た経験も仕事をしていく上でプラスになっていると思います。

Q.今後の展望について

変化の激しいファッション業界において、流行に左右されず変わらずにあり続けるブランドを構築していきたいと考えています。普遍的なスタイルを持つブランドに関わっているからか、急速な進化の中にあっても、アナログな部分を大事に守り続けることも価値のあることだと考えています。
また、ライフワークとしてさらに知識や技術・語学などを習得することで、仕事の可能性を広げていきたいと思っています。

Q.入学希望者へのメッセージ

学ぶことに集中して、全力で取り組める時期というのはとても貴重な時間です。ファッションビジネスに興味を持っていたり、すでにお仕事をしていたり、様々な背景の方がいらっしゃると思いますが、BFGUは知りたいという欲求には色々な角度から応えてくれる環境でした。身に着けた知識は活用できる瞬間が必ずきます。教えていただいた先生方は業界の大先輩ですし、課題や講義を通して普段はお会いできない方々にお会いする機会にも恵まれました。BFGUは、これからお仕事をしていく上での引き出しをつくる、有効な選択肢の一つだと思います。
 

大野 雄基(MARK STYLER株式会社 アウトレット事業部 / 商品管理[ディストリビューター])

Q.仕事の内容は?

アウトレットチャネル(店舗・ウェブ)の在庫、納品の管理や分析、またアウトレットオリジナル商品の在庫コントロールを担当。

Q.BFGUで学んだことで現在の仕事に生かされていることは?

ディストリビューターはファッションビジネスにおけるMDの基本要素とされる5適(適品、適所、適量、適価、適時)を実現するために重要な役割を担い、MD、営業、WEB、店舗等の様々な職種との関わりを持つ必要があります。BFGUで培った、マーチャンダイジング、ショップマネジメント、ロジスティクス、マーケティング、ファイナンスなど幅広い知識や分析スキルは、それらを実現するために日々活かされています。

Q.今後の展望について

商品が生産されてから最終消化するまでの最適なフローを確立したいと考えています。ファッションビジネスは成熟期を迎え、アパレル業界は全体として苦戦を強いられている状況ですが、その一方で、ECサイト、SNS等の成長やアウトレット事業の拡大など明るい兆しも見られており、商品が企画されてから、消費者の手元に届くまでのフローは確実に変化していると感じています。現在、アウトレット事業に従事しておりますので、最終消化に焦点を当てたフローを確立し、キャッシュフローの最大化を目指しています。

Q.入学希望者へのメッセージ

私はファッションが好きで、その好きなことを仕事にしたいと思いBFGUへの入学を決めました。ファッションと真剣に向き合った2年間はとても刺激的で充実した日々でした。そして、BFGUで培った経験を活かし、現在その好きなことを仕事にしています。時間はあっという間に過ぎていきます。自分が何をしたいのかを考え、限られた時間を有意義に過ごすために行動してください。