2015年度ファッションテクノロジーコース修了研究
 
ファッションクリエイション専攻 ファッションテクノロジーコース2年生:ソ ドンヨン
ソ ドンヨン
● コンセプト
本研究は素材の加工による変化と人間の皮膚の「消耗・劣化・再生」をかさね合わせ、新たなテキスタイルを提案、作品制作を行った。 溶剤を用いた加工で生地にダメージを与え、本来の性質や見た目、色の変化を“新たなテキスタイル”=「再生」とした。
● 経歴
2013
文化服装学院 服飾専門課程 服装科 卒業
2016
文化ファッション大学院大学
ファッションビジネス研究科
ファッションクリエイション専攻
ファッションテクノロジーコース 修了

ファッションクリエイション専攻 ファッションテクノロジーコース2年生:コウ セイキン
コウ セイキン
● コンセプト
衣服にとって、ボタンやファスナーなどの副資材は着脱する上で重要な役割を持っている。
本研究では、基礎研究の「新しい明き」をレベルアップさせ、「副資材」の商品化を目標とし研究、作品制作を行った。大量生産に対応した副資材の取り付け方法・縫製工程の簡略化・副資材の使用によるバリエーションの多様性の3点を軸に置き、未来に向けた衣服の新しい明きと副資材の提案をしたものである。
● 経歴
2012
台湾私立実践大学 ファッションデザイン科 卒業
2016
文化ファッション大学院大学
ファッションビジネス研究科
ファッションクリエイション専攻
ファッションテクノロジーコース 修了
● 資格
2013
財団法人日本ファッション教育振興協会
パターンメーキング技術検定2級
2014
財団法人日本ファッション教育振興協会
パターンメーキング技術検定1級

ファッションクリエイション専攻 ファッションテクノロジーコース2年生:チョウ エイ
チョウ エイ
● コンセプト
衣服の文化は時代と共に、素材や技術の進歩により表現方法も多様化している。しかし現代の技術が発展する反面、伝統的な工芸品に対して触れる機会は減り、忘れ去られていく現実がある。
本研究では山水画で表現された鶴をニードルパンチでテキスタイルとして表現し、現代衣服に落とし込み、作品制作を行った。
● 経歴
2013
広州 華南農業大学 芸術学院
ファッションデザイン&テクノロジー学部 テクノロジー学科 卒業
2016
文化ファッション大学院大学
ファッションビジネス研究科
ファッションクリエイション専攻
ファッションテクノロジーコース 修了
修了研究プロジェクト インデックスへ